視力と垂れの関係

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

視力が悪い人ほどまぶたが垂れやすい

視力 まぶたの垂れ

 

年齢を追うごとにどんどん、まぶたは垂れ下がってくるでしょう。
ほとんどの人は、年齢による顔の垂れを食い止めることは出来ません。

 

しかし中には、「まぶたが垂れやすい性質」を持った人もいます。

 

たとえば、目元を擦る癖のある人は目に負担がかかり、まぶたも垂れやすくなってしまいます。
パソコン作業をしたり、読書やスマホを見るのが趣味の人も、目に負担がかかるので垂れやすいといえるでしょう。

 

そして、視力。

 

目の悪い人はまぶたが垂れやすいのです。

 

これは、眼鏡でもコンタクトレンズでも同じだそうです。

 

眼鏡をつけていても、目が悪い人はついつい目を細めてしまったり、目に負担がかかることをしてしまいますよね。

 

コンタクトレンズをつけている人は、眼鏡利用者以上に目が垂れやすいといわれています。

 

これは、コンタクトレンズをつけると目が乾燥しやすく目に負担がかかってしまうからでしょう。

 

目に負担のかかることをしていればしているほど、どんどんまぶたが垂れやすくなってしまうのです。

 

目を擦る癖や目を頻繁に使う癖を改善することは出来ますが、視力はなかなか改善することが出来ないでしょう。

 

どうすれば、視力によるまぶたの垂れを予防することが出来るのでしょうか?

対策

まず行いたいのが、視力回復です。

 

大人になってから視力を回復することは難しいでしょう。

 

しかし、今以上に視力を低下させないように、予防することは可能です。

 

目を疲れさせないこと、目が疲れたなと思ったら遠くを見る、緑や遠くの景色を見るようにする等は、視力を低下させないためにはとても大切なことです。

 

一度視力が低下すると、どんどん悪化してしまいます。

 

コンタクトレンズや眼鏡を常用している人は、今更ちょっと低下しても、と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、目のためにも必要以上に視力を低下しない方が良いでしょう。

 

最近は視力回復センターやレーシックなどで視力矯正を行うことが出来ますが、どちらも数十万円と費用が掛かってしまいます。

 

お金をかけなくても、目への負担を最小限にすることで、視力の低下は防ぐことが出来るでしょう。

 

また、アイクリームでのケアもおすすめです。

 

大人が視力矯正をしても、あまり変化は見られません。
それなら、目が弛まないように努力をすればよいのです。

 

アイクリームを塗ることで、目元に弾力がよみがえり、若々しい目元となるでしょう。

 

余分な脂肪も取れますし、弾力がよみがえれば弛みにくい、潤いに満ちた健康的な目元を手に入れることが出来るのです。

 

そのため、目のためにも、アイクリームでのケアはとても大切です。

 

アイクリームを塗ることで、たるみだけではなく目元の皴やシミの予防もすることが出来るでしょう。

 

目元は年齢が一番出やすい部分です。
若々しい目元を保つためにも、アイクリームでケアをしてみてはいかがでしょうか。

まぶた・目元ケアの最終兵器!