上まぶたと下まぶた

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

上まぶたと下まぶた

 

上まぶた 下まぶた

 

まぶたには上まぶたと下まぶたがあります。

 

それぞれどういう役割があるのでしょうか?

 

上まぶたは、二重や一重等、人によって重なっている形が違うという特徴があります。

 

上まぶたは眼球を保護するという大切な役割があり、また、上まぶたがあるからこそゴミが入りそうなときもシャッター替わりとなりゴミが入るのを防ぐことができるのでしょう。

 

目もとを潤したり、乾燥から守ったりするのも上まぶたの役割りです。

 

とても印象的な部分であり、まぶたの形状で目の印象はもちろん、顔全体の印象まで変わってしまいます。

 

上まぶたには、二重まぶたと一重まぶたが存在します。

 

これは上眼瞼挙筋の枝わかれの構造によって代わり、一重の人は上眼検挙筋の分岐部分が皮膚につながっていないので一重になってしまうのでしょう。

 

他にも、まぶたの皮下脂肪が多い人や、上眼検挙筋の繋がりが弱い場合は一重になります。

 

二重だけれども皮下脂肪が多い人やつながりが弱い人は、二重なのにわかりにくい奥二重になってしまう場合もありますよね。

 

二重にも、平行型や末広型等の違いもあります。

 

並行型は目頭から目じりにかけて同じ大きさで、欧米人の多くは並行二重となっています。

 

並行二重は更に二重の幅が広い人と狭い人に別けることができるでしょう。

 

末広型の二重は、二重幅が徐々に広がっていくようなタイプとなっています。
蒙古ヒダがあると、このようなタイプになることが多いでしょう。

 

 

下まぶたは、上まぶたよりも着目されることが少ない部分です。

 

しかし最近は涙袋を作るためにメイクをする人やヒアルロン酸を注入する人も増えています。

 

下まぶたは、目元の下の部分にあり、とてもたるみやすくなってしまいます。

 

また、疲れていると下まぶた部分にクマが出来ることが多いでしょう。
色素沈着等が起こりやすいのが、下まぶたの特徴です。

 

下まぶたは動かすことが少ない部分だからこそたるみやすくなります。
血流も悪化しやすいので、普段からのケアが必要な部分なのではないでしょうか。

 

加齢によって両方たるむ

 

上まぶたも、下まぶたも、年齢を追うごとにどんどんたるんでいきます。

 

上まぶたがたるむと、二重の幅が狭くなってしまったり、全体的に目がたるんだり、小さい印象になってしまうでしょう。

 

下まぶたがたるむと、涙袋の様なものが大きく出来てしまう場合があります。
しかしこれは涙袋ではなく、ただのたるみです。

 

目もとの印象が柔らかくなる訳ではなく、老化で顔が垂れ下がった印象となるので注意をしましょう。

 

特にたるみやすいのは、やはり上まぶたなのではないでしょうか。

 

上まぶたは普段からさまざまな動きをします。
目を閉じたり、女性であればメイクをする事が多いのも上まぶたでしょう。

 

特に最近は、アイプチやつけまつげ等上まぶたに負担のかかるメイクをする人が増えているといわれています。
上まぶたに過度なメイクをすると、老化もどんどん早まってしまうでしょう。

 

もちろん下まぶたも、きちんとクレンジングをしないと色素沈着となって目立ってしまいますし、クマが出来てしまうととても老けた印象になってしまいますよね。

 

目の周辺、特に上下のまぶたはとてもたるみやすく、老化が現れ易い部分です。

 

若さを保ちたいのであれば、若い内から上下のまぶたのケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

ケア方法は決して難しくありません。

 

普段からマッサージをしても良いですし、目元用の美容液を付けるだけでも不足した栄養が補われ、若々しさを保つことができるでしょう。

 

まぶたがたるまないように、日々のケアを頑張ってください。

 

まぶた・目元ケアの最終兵器!