目の下のクマ

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

目の下にクマができる原因

 

目の下のくま 原因

 

目の下のクマは一度出来ると目立ってしまいます。
なかなか改善しないという人も多いですよね。

 

まずは目の下のクマの原因を知りましょう。

 

原因を知ることで対処方法もわかります。

 

特に多い原因をいくつかご紹介します。

 

まずはまぶたのたるみ。

 

たるみが出来ると影になってしまい、そのせいでクマが出来てしまうでしょう。

 

なぜまぶたが出来るのかというと、加齢により皮膚が緩んでしまったり、目に負担がかかることばかりをしているせいでしょう。

 

目もとの筋肉である眼輪筋や眼窩隔膜は年齢を追うごとにどんどん緩みやすくなってしまいます。

 

そのせいで眼窩脂肪が前の方に飛び出し、クマとして目立ってしまうでしょう。

 

加齢は食止めることができません。
しかし、たるみを緩和することでクマが出来にくく、目立ちにくくすることは可能です。

 

 

次に血行不良。

 

まぶたにはさまざまな血流が流れています。
そのぶんさまざまな影響を受けやすい部分です。

 

眼精疲労はもちろん、寝不足や運動不足、栄養不足でどんどん目元の血流は悪化してしまうでしょう。

 

そのせいでまぶたの血行が不良となり、クマになってしまいます。

 

血行不良になったクマは青色、赤色、紫色になりやすいでしょう。

 

これらの色のクマになった場合は、血行不良を疑って下さい。

 

 

最後に色素沈着。

 

これはどちらかというと、女性に多い原因なのではないでしょうか?

 

色素沈着の原因はいろいろあります。

 

紫外線のシミ、メイクの落とし忘れ、目元を擦る人も、色素沈着でクマが出来易いといわれています。

 

色素沈着で出来たシミはなかなか改善することができないでしょう。

 

女性は特に、アイメイクをしっかりと落とさないと目の下に色素沈着のシミが出来てしまうといわれています。

 

血行不良な人でも、色素沈着のせいでクマが悪化する可能性があるでしょう。

 

他にもアトピー性皮膚炎等の人は、慢性炎症のせいでクマが出来てしまうでしょう。

 

色素沈着によるシミは意外に簡単に出来てしまいます。
その反面改善が難しいクマです。

 

この様に、さまざまな原因があります。
まずは自分のクマの原因を考えてみてはいかがでしょうか?

 

クマの種類

 

目の下のクマといってもいくつか種類があります。

 

種類を知ることでも、原因がわかるものです。

 

一つ目は、茶クマです。

 

茶クマはさらに2種類に分けることもでき、一つ目は表皮に出来たシミのような茶クマ。
二つめは真皮の奥に沈着してしまったものです。

 

表皮に出来た茶クマは色素沈着が原因で出来ます。

 

目もとをこすりすぎてしまったりアトピー性皮膚炎の方、乾燥がひどい方が出来てしまうといわれています。

 

他にもアイメイクのせいで茶クマが出来てしまうでしょう。

 

 

真皮レベルで出来た茶クマは遅発性両側性太田母斑様色素斑だといわれています。

 

これはアザの一種です。

 

色素班であり、なかなか改善することができません。

 

このレベルのクマはレーザー治療など皮膚科で治療しなければ改善をすることができません。

 

なかなかクマが改善しないという人は、一度皮膚科に相談をして見ても良いかも知れませんね。

 

 

次に青クマです。

 

こちらは目の下が青くなっている状態のクマのことをいいます。

 

毛細血管が透けているので、青くみえてしまうクマでしょう。

 

なぜ毛細血管が透けてしまうのかというと、冷え性、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労等のせいだといわれています。

 

どれも自分自身が原因ですが、色白の人や生まれつき皮膚が薄い人はより青クマが出来易いといえるでしょう。

 

その反面、生活習慣等原因を改善することで少しずつ治すことができるクマの一種でもあります。

 

最近はパソコン作業をする人が増えているので、青クマが生じる人が多いのではないでしょうか?

 

目もとはとても皮膚が薄いので、どうしても毛細血管が透けて見えやすくなってしまいます。

 

 

最後に黒くまです。

 

これも、原因は2つあります。

 

一つ目は生まれつき目元の脂肪が少ない人。
もしくは加齢により目周辺の脂肪が委縮したりへこんでしまうと、黒くまが生じやすくなってしまうでしょう。

 

二つ目は加齢により眼窩脂肪や周辺の筋肉が緩んだせいです。

 

どちらもおおむね加齢が原因のクマですが、稀に生まれつき黒クマが出来易い体質の人もいます。

 

これはなかなか改善をすることができないでしょう。

 

そして、コンシーラーでも隠すことが難しいクマでもあります。
メイクで隠そうとしても目立ってしまうので、なかなか難しいクマと言ってよいでしょう。

 

解消法

 

クマは、種類によって対処方法が異なります。

 

自分のクマの種類がわかったら、今度は種類に対して一番適切な対象方法を実践して見てはいかがでしょうか。

 

茶クマは美白系スキンケアを使うことで改善が可能だといわれています。

 

特におすすめなのが、ビタミンC誘導体等が含まれたスキンケアでしょう。

 

濃い茶クマは、ハイドロキノンもおすすめです。
ハイドロキノンは皮膚科で処方して貰うことも出来ますし、低濃度であればスキンケアに配合されていることもあるでしょう。

 

肌の美白を行うことで、クマも改善に繋がります。

 

しかし目元はとても繊細な部分です。

 

粘膜に入らないように気を付けながら、ケアを行いましょう。

 

 

青クマは健康的な生活を送ることが一番です。

 

しっかりと睡眠を摂り、疲れを癒すことで改善するのではないでしょうか?

 

それでも治らない場合やなかなかリラックスすることができないという人は、目元のマッサージやホットタオルでのパックもおすすめです。

 

マッサージもホットタオルも、目元の血行促進の繋がります。
血流が改善されれば、比較的早く青クマも改善するのではないでしょうか?

 

他にもアイクリームで優しくケアをしたり、ビタミンK配合のクリームを塗ることで血行促進効果を実感することができます。

 

青クマは目元だけではなく、体中の血行を促進することが大切です。

 

そのため、適度な運動をしてみたり、半身浴をしてみてはいかがでしょうか。

 

体全体の血流が改善されれば、目元の血流も改善するでしょう。

 

煙草を吸うと血流は悪化してしまうので、煙草を吸う回数を控えても良いかも知れませんね。

 

 

黒クマはなかなか改善することができません。

 

しかし、マッサージをしたり、リラックスをしたり、眼精疲労を改善することで症状が緩和するかも知れません。

 

どうしても改善出来ない場合は皮膚科で治療を受けてみても良いでしょう。

 

特にヒアルロン酸を注入すると、黒くまの原因となっている皮膚のへこみが改善し、黒くまも目立たなくなるかもしれません。

 

黒クマはクマの中でも特に目立ちやすく、かなり悪化しやすいでしょう。
出来るだけ発症しないように、事前にケアをするのが一番の対処方法だと思います。

 

コラーゲンを補給し、目元が疲れないようにケアをし、ツボを押すことで出来るだけ黒クマが生じにくくすることができます。

 

まぶた・目元ケアの最終兵器!