コンタクト、眼鏡

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

まぶたのたるみとコンタクト、眼鏡の関係

コンタクト めがね まぶたのたるみ

 

まぶたのたるみは、視力が悪いと起こりやすいそうです。

 

特に注意したいのが「ハードコンタクトレンズユーザー」

 

眼鏡ユーザーでもソフトコンタクトレンズユーザーでもなく、ハードコンタクトレンズを使用している人は注意が非地用です。

 

コンタクトレンズを使用すると、レンズとまぶたの裏側の摩擦回数を増やしてしまいます。

 

ソフトレンズでも摩擦はしますが、ハードコンタクトレンズは硬いので摩擦の刺激を受けやすいでしょう。
そのせいで、まぶたがたるみやすくなってしまうのです。

 

また、コンタクトレンズを採り外す時に上まぶたを引っ張りすぎると更にたるみは悪化してしまいます。

 

ソフトコンタクトレンズは負担は少ないですが、カラコンは通常のレンズよりも厚みがあり直径も大きいです。

 

もちろん目もとも乾燥しやすいので、注意をした方が良いでしょう。

 

 

コンタクトレンズに比べると、眼鏡は一番目元への負担が少ないです。

 

しかし眼鏡を使って視力を矯正すると裸眼よりも疲れやすくなります。

 

そして、眼鏡等で視力矯正をしている人は他の人よりも目に負担が掛かる行為を長時間行っている人が多いでしょう。

 

コンタクトレンズに比べると負担は少ないですが、たるまないように努力が必要です。

 

コンタクト、眼鏡、どちらを使っている方もたるみ予防のケアを行うようにしましょう。

長時間の使用で目の下に老廃物が溜まる

コンタクトレンズも、眼鏡も、長時間使えば使うほど目元の老廃物が溜ってしまいます。

 

目もとはもちろん他の部位でも、酷使をしていると疲労物質が蓄積してしまうでしょう。

 

また、血流が滞ってリンパが溜ってしまう可能性があります。

 

目もとがなんだか疲れるな、朝に比べてたるんでいる気がするな、こんなときは、老廃物が溜っている事が原因かも知れません。

 

目もとを健康的に保つ為にも、定期的にケアをしましょう。

 

2時間パソコン作業をしたら一度休憩をして老廃物を除去するマッサージをする。等すれば、たるみも軽減することができますし目元の疲労を取り除くことができるでしょう。

 

デスクワークの人や目元を酷使する仕事の人は、どうしても目に負担が掛かりがちです。

 

もちろんスマートフォンを見る時間の多い人やゲーム漫画が好きな人も、目元に負担が掛かってしまっているでしょう。

 

眼を使う時間が長ければ長い程老廃物が貯まりやすくなりたるみやすくなってしまいます。

 

若々しい目元を保つ為にも、対策をとるようにしてください。

まぶた・目元ケアの最終兵器!