まぶたの痙攣

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

まぶたの痙攣はなぜ起きる?

まぶた 痙攣

 

まぶたがなんだかぴくぴくする。
こんな経験、意外といろいろな人が体験していますよね。

 

なぜ、まぶたが急に痙攣してしまうのでしょうか?

 

原因はいろいろありますが、一番多いのは目の疲れでしょう。

 

特に最近は、長時間スマートフォンを見ている人が多いと思います。

 

スマートフォンだけでなくても、パソコンやテレビ、ゲーム等を頻繁に行っていると痙攣してしまうでしょう。

 

眼は、焦点を合わせると毛様体筋と呼ばれている筋肉と、目の位置を合わせる外眼筋が疲労し、血管が圧迫されます。
負担が重なれば重なるほど、痙攣しやすくなるでしょう。

 

目もとから不足した酸素や栄養素、そして疲労物質を取り除くために痙攣が起こるのです。

 

 

また、目元に負担が生じて居なくても、ストレスが溜まっていると痙攣が生じるといわれています。

 

ストレスが溜まっていても、血流が悪化して目元にも疲労物質がたまってしまうのでしょう。

 

目もとを酷使していないのにまぶたの痙攣が起こるという場合は、ストレスの改善からはじめなければいけないのです。

常習的にまぶたがピクピクする場合

基本的に、まぶたの痙攣とは一時的なものです。

 

目もとを酷使した後やストレスが溜まっていると、一度や二度、もしくは数日間起こる場合があります。

 

しかし人によっては何度も何度もまぶたの痙攣が生じる場合があります。

 

何度も頻繁に起こるまぶたの痙攣は、ただの目の疲れやストレスではなく病気の可能性もあるでしょう。

 

 

眼瞼痙攣は、原因不明のまぶたの病気です。

 

瞼の痙攣以外にも、目の乾燥が起こったりまぶしさを感じるといわれています。

 

眼瞼痙攣は両目とも効果が起こり、症状が悪化すると失明状態になる可能性もあるでしょう。

 

しかし、眼瞼痙攣はドライアイととても症状が似ているため医師ですら間違って診断をする可能性があります。

 

 

片側顔面痙攣は、名前の通り片面のみ痙攣する症状のことをいいます。

 

顔面神経が血管に圧迫され、片側のみ痙攣してしまう症状のことをいいます。

 

 

顔面ミオキミアは、下まぶたが痙攣する病気です。

 

原因は通常の痙攣と同じく、ストレス、寝不足、目の疲れなどが主でしょう。

 

そのため一時期的に顔面ミオキミアになる人もいます。

 

また、基本的には数日から数週間程度で顔面ミオキミアは改善するでしょう。

 

しかししばらくたっても症状が改善しない場合は他の病気の可能性があるので注意をして下さい。

 

 

他にも、眼の痙攣が生じる病気はいくつかあります。

 

なかなか痙攣が改善しない場合は一度病院で診断を受けて見てはいかがでしょうか?

止める方法

眼の痙攣。

 

いくらしばらくすると治るからといって、放置するのも気になりますよね。

 

痙攣が気になるときはどうすればよいのでしょうか。

 

一番良いのは、眼を休めることです。

 

痙攣が生じるときの多くは、長時間パソコン作業やスマートフォン、ゲームを行っているときでしょう。

 

一時的でも良いので作業を中断することで、眼の負担を減らすことができます。

 

 

温めたタオルを目元に乗せても良いでしょう。

 

血流が悪化し、目に疲労物質が蓄積するせいで、目に負担は生じます。

 

そのため、タオルなどで温めることで血流を促進し、疲労物質を取り除くことができるのではないでしょうか。

 

 

目もとを温めながらマッサージをしても良いでしょう。

 

指の腹で上下のまぶたを押してみてください。

 

この時強すぎるマッサージをする必要はありません。

 

あくまで優しく、血行を促進するようにマッサージをして見ましょう。

 

 

生活習慣を改善することもとても大切です。

 

たとえば睡眠時間。

 

夜遅くまで起きていると、目もどうしても酷使してしまいますよね。

 

眼の負担を減らす為にも、睡眠をしっかりと摂るようにしましょう。

 

夜眠らなければ、目も休めることはできません。

 

ストレスを改善することも大切です。

 

目の疲れはもちろん、ストレスのせいで目元が痙攣してしまう場合もあります。

 

ストレスをうまく発散したり、ストレスの原因となっていることを取り除くようにしましょう。

 

最後にカフェインです。

 

カフェインは神経を高めるため、目の負担になってしまう可能性があります。

 

コーヒーやカフェインの含まれたお茶は控えるようにしましょう。

 

これらを実践するだけでも、目の負担をかなり軽減することができるでしょう。

 

目もとの痙攣が頻繁に起こるという人は、目の負担にならないようにケアをしてみてはいかがでしょうか?

まぶた・目元ケアの最終兵器!