腫れぼったいまぶたの解消法

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

腫れぼったいまぶたになる原因

気になる腫れぼったいまぶた。

 

どうすれば改善できるのでしょうか?

 

まず、腫れぼったいまぶたには一時的な物と継続的なものがあります。

 

継続的なものは、まぶたの脂肪が原因でしょう。

 

太目の人は、顔にもまぶたにも脂肪が付いてしまいます。
そのせいでまぶたが腫れぼったくなってしまうのです。

 

人によってはダイエットをして顔が痩せたら一重が二重になった!なんていうこともあるほど。

 

それだけまぶたの脂肪は重要なものなのです。

 

腫れぼったいまぶたが悩んでいる人は、一度ダイエットをしてみてはいかがでしょうか?

 

痩せる必要のない人はダイエットをしても変わらないかも知れませんが、太目の人はダイエットをするだけで腫れぼったいまぶたを改善することができるかも知れません。

 

 

一時的なものは、むくみが多いでしょう。

 

朝起きたらまぶたが腫れぼったくなっていた!なんて経験ある人は意外に多いはずです。

 

腫れぼったいまぶたになっているだけで、目元の印象ってずっと変わってしまいますよね。

 

目もとはとてもむくみやすい部分です。
では、何故むくんでしまうのでしょうか?

 

たとえば前日の塩分の摂りすぎ。

 

塩分を摂りすぎるとむくみやすくなってしまいます。
顔もむくんでしまうでしょう。

 

特に夜にラーメンを食べたりスナック菓子を食べた場合は注意が必要です。

 

塩分の他にも、水分やアルコールを摂りすぎるとむくみやすくなってしまいます。

 

おつまみは塩分過多の物が多く、お酒を飲んだ次の日はまぶたが腫れぼったくなりやすいとも言われています。

 

自業自得ではありますが、気になりますよね。

 

 

たくさん泣いたら腫れぼったいまぶたになっていた!なんて人も多いはず。

 

これは涙ではなく、目元を擦ったせいで起こる現象です。

 

泣いたらどうしても、涙を拭うために目元を擦ってしまいますよね。

 

たくさん泣いた時は、次の日のためにも出来るだけこすらないようにしましょう。

 

ハンカチでふき取る等をすれば、擦らず対処できるはずです。

 

 

塩分を摂りすぎていない、泣いてもいない。

 

そんなときは、メイクの落とし忘れを疑ってください。

 

メイクを落とさずに寝たり、アイメイクしたまま汚い手で目を擦ると炎症する場合があります。

 

目もとが炎症したせいで、腫れぼったくなることもあるでしょう。

 

綺麗な肌を保つためにも、メイクはしっかりと落とす様にして下さい。

 

腫れぼったいまぶただけではなく、肌荒れ、肌の老化等、メイクを落とさずに眠ると悪いことがたくさんあります。

 

 

日々腫れぼったいまぶたのままだという人は、まくらのせいかも知れません。

 

まくらが低いと顔がむくみやすくなってしまいます。

 

まくらなしでも眠れる、という人もいますが、適度な高さのまくらでなければ適切な体制を維持することができずに顔に水分が残ってしまうでしょう。

 

なかなか腫れぼったいまぶたが治らない人は、寝具の見直しをしてみると良いかも知れませんね。

 

 

女性の場合は、生理1週間前から生理期間中に注意が必要です。

 

女性は生理によりホルモンバランスが変化します。

 

生理前から生理期間中は、生理を起こす為に体の中の働きが不十分になってしまうのです。

 

そのせいで血管が拡張したり、水分を十分に排出できなくなってしまうでしょう。

 

この時期は、一番むくみやすい時期なのです。

 

 

前日に、泣いてお酒を飲んで化粧も落とさずソファーで寝た!なんてことをしたら腫れぼったいまぶたになるのも当然でしょう!

 

次の日のことを考えて、むくまないようにケアをしましょう。

 

むくみを改善する方法はいろいろありますが、むくまないように努力をすることが一番大切なのです。

簡単にできる解消法

朝起きたら腫れぼったいまぶたになってた!

 

時間を戻すことはできないので、今できる対策を行いましょう。

 

大丈夫、まぶたが腫れてしまっても改善する方法はあります。

 

一番有名なのは、温冷刺激ですよね。

 

温かいタオルと冷たいタオルを用意して下さい。

 

まずは暖かいタオルでまぶたを温めて血流を改善し、次に冷たいタオルで皮膚を引き締めましょう。

 

これを数回繰り返すと、まぶたの状態が改善するかも知れません。

 

ホットタオルは電子レンジで簡単に作れますし、冷たいタオルも冷水で作ることができるでしょう。

 

タオルを用意するのが面倒だという人は、スプーンで温冷をしても良いかも知れませんね。

 

お湯と氷水を用意して、スプーンを温めて目元に、目もとが温まったら氷水でスプーンを冷やして目元をクールダウン。

 

タオルよりもスプーンの方が簡単にできるかも!

 

時間がないときは、冷たい化粧水で目元を冷やすだけでも十分効果があります。

 

コットンにたっぷり冷たい化粧水を染み込ませて両目を多い、リラックスした状態で横になりましょう。

 

温冷刺激よりは効果が弱いかもしれませんが、5分程度冷やすことでまぶたの状態を緩和することができるでしょう。

 

 

他にも目元のマッサージをしたり、水分補給をしたり、対策はたくさんあります。

 

慌てず焦らず、出来る方法を実践してみてください。

まぶた・目元ケアの最終兵器!