まぶたのたるみとコラーゲンの関係

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

まぶたのたるみはコラーゲン不足が原因

年齢を重ねるとともに、まぶたがたるんできてしまうことがあります。

 

アイライン

 

まずたがたるむとさらに老けて見えてしまいますし、アイラインが引きにくくなったりしてしまいます。

 

まぶたがたるむ原因を知って、早めに対処していくようにしましょう。

 

 

まぶたのたるみは、お肌のコラーゲンとエラスチンが減少することで起こります。
コラーゲンが減少するとお肌のハリや弾力が失われてしまいますし、エラスチンが減少するとコラーゲン同士をつなぐことができなくなってしまいます。

 

まぶたのたるみを防ぐためには、コラーゲンとエラスチンのどちらも必要なのです。とは言え、コラーゲンは加齢とともに、体の中で生成されにくくなってしまいます。
サプリメントや目元のケア用品などを使用することで、コラーゲンが不足してしまわないように気を付けていきましょう。

 

また、目元の筋肉を鍛えることで、まぶたのたるみを予防することができます。
目をぐるりと回して大きく動かすようにしたり、大きく見開いたりギュッと閉じたりを繰り返すことで、目元の筋肉を鍛えることができます。

 

仕事や家事の合間に気軽に行うことができるエクササイズなので、意識して行うようにしていきましょう。

 

 

コラーゲンとはどのような成分?

 

まぶたのたるみを防ぐために、コラーゲンはとても大切な成分です。
では、コラーゲンとはどのような成分なのでしょうか?

 

コラーゲンについて詳しく知って、積極的に摂取していけると良いですね。

 

 

コラーゲンとは、体内のたんぱく質の30パーセントを占めている成分です。健康を保つためには必ず必要な成分ですが、美容にも高い効果を発揮します。
お肌の70パーセントはコラーゲンでできていると言われ、コラーゲンがあることで、お肌に潤いを与えます。みずみずしくて綺麗なお肌を保つためには、コラーゲンが欠かせないのです。

 

コラーゲンは、お肌の中の細胞が少しずつ作り出し、少しずつ分解するというサイクルによって保たれています。
しかし、若い頃には正常なサイクルで保たれていたコラーゲンは、加齢とともに減少してしまいます。

 

コラーゲンが急激に減少するのは40代に入ってからと言われており、30代までは気にならなかったお肌のハリ・弾力の衰えを感じるようになってしまいます。
コラーゲンは加齢とともに減少しますが、増加することはありません。

 

そのため、積極的にコラーゲンを摂取したり、化粧品などで補っていくことが必要なのです。

 

 

まぶたのコラーゲンを増やす方法

 

まぶた

 

コラーゲンが減少することで、まぶたのたるみを引き起こしてしまう可能性があります。
まぶたのたるみは老け顔に見えてしまう原因となりますし、アイメイクが上手くできなくなってしまう原因にもなります。

 

加齢とともにまぶたがたるんでしまわないように、まぶたのコラーゲンを増やす努力をしていきましょう。

 

こちらも合わせてご覧ください・・・コラーゲンが肌に与える影響

 

コラーゲンは、サプリメントや食品から摂取することができる成分です。
しかし、口から摂取した場合、効率よくまぶたに届いてくれるかどうかはわかりません。

 

効率的にまぶたのコラーゲンを増やすなら、クリームや美容液を使用することをおすすめします。

 

目元用のクリームである「アイキララ」には、コラーゲンの生成と維持をサポートする成分が配合されています。

 

加齢とともに減少してしまいがちなコラーゲンを、アイキララの使用で目元の皮膚全体に行き渡らせることができます。

 

目元にハリと弾力がうまれて、ふっくらとした状態を取り戻すことができるのです。
また、アイキララはまぶたのたるみを改善するだけでなく、目元の酷いクマを綺麗に消すこともできます。

 

アイキララを1本持っていれば、目元のお悩みをまとめて解決することができて便利ですね。

 

まぶた・目元ケアの最終兵器!