まぶたが痛い

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

まばたきするとまぶたが痛い

瞬きをするとなんだか目が痛い!!

 

ゴミが入った?コンタクトレンズがずれた??なんていろんな考えが頭をよぎりますよね。

 

ゴミが入るような空間にいない、コンタクトなんてつけていない。
ほかにもいろいろやってもなかなか改善しない!というときは、目の病気の可能性もあるので注意をしましょう。

 

目元の病気はいろいろあります。

 

まばたきをすると痛い!と感じるとき、一番多い病気がものもらいなのではないでしょうか?

 

メバチコなんて呼んだりもしますが正式名称は麦粒腫や霰粒腫です。

 

麦粒腫は、まぶたの表麺に付着して起こる病気です。
まばたきなどを通じて毛穴などに入り込み感染し、炎症を起こします。

 

初期症状はとても弱く、なんとなくかゆいかなと感じる程度。
けれども症状が悪化すると瞬きをするたびに痛みを感じてしまうでしょう。

 

ごろごろと痛みを感じたり充血したりしてしまいます。

 

麦粒腫は人から移る場合もありますし、汗やまつ毛の菌から発症する場合もあります。

 

メイクから症状が出ることもあるので、女性は特に注意が必要なのではないでしょうか。

 

霰粒腫はまぶたの裏側から起こる症状です。

 

まぶた裏にはマイボーム腺という目を保護する器官があります。
霰粒腫になるとマイボーム腺がふさがれてしまい目に悪い症状がどんどん起こってしまうでしょう。

 

まばたきの痛みはもちろん、ごろごろとした痛みやしこりができる場合があります。

 

霰粒腫は痛みはありませんが、細菌に感染すると痛みが発症します。

 

痛くないのでついつい放置しがちは霰粒腫は、数か月症状が続くなんてこともあるんです!

 

 

結膜炎の可能性もあります。

 

結膜炎はとても有名な病気なので聞いたことがある人も多いでしょう。
目が炎症を起こし、まばたきをした時の痛みや目の腫れ、痛み、充血や違和感を感じる病気です。

 

結膜炎の原因はウイルスやアレルギーだといわれています。

 

プールに入ったり、アレルギー症状が出るようなところに行ったりすると、発症するのではないでしょうか?

 

小さい子供は特に、ついつい瞼を擦ってしまうので結膜炎になることが多いのです。

 

 

このように、まぶたの痛みを感じる病気はいろいろあります。

 

ものもらいも結膜炎も良く聞く病気なのでついつい放置しがちです。
しかしこれらはあくまで良く起こる病気であり、確実にこれらの病気であるというわけではありません。

 

もしかしたら全く別の病気かもしれませんし、放置をすると症状が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

 

健康のためにも、もし痛みがなかなか改善しないときは病院に行くようにしましょう。
原因を知ることが出来れば、対処法もわかりますし安心して過ごせますよね。

まぶたが痛い原因

まばたきをするとまぶたが痛い!ということも多いですが、まばたきをしなくてもまぶたが痛い!なんてこともあります。

 

ものもらいも、悪化すると何もしなくてもまぶたが痛くなってしまうことがあるでしょう。

 

しかし、それ以外にもまぶたに痛みが生じる可能性があります。

 

まぶたの痛みの原因のほとんどは、マイボーム腺だといわれています。
まぶたの淵にあるマイボーム腺が詰まっていると、菌が入りやすくなりどんどん痛みも悪化し、別の症状が起こってしまう可能性もあるでしょう。

 

さらに悪化すると目ヤニが止まらなくなってしまう可能性もあります。

 

では、まぶたが痛いときはどうすればよいのでしょうか?

 

簡単な症状であれば、放置して治る場合もあります。

 

ものもらいも結膜炎も、放置して改善する場合があります。
そこまでひどくない場合は、そのままにしておくのも良いかもしれませんね。

 

なかなか治らないなというときやすぐに直したいときは、目薬を差してみてください。
薬局に行って症状を伝えると、その症状に合った目薬を処方してくれるはずです。

 

これだけで改善する人も、もちろんいます。

 

それでもなかなか治らない場合は病院に行きましょう。

 

場合によっては目元の手術に発展する可能性だってあります。

 

まぶたを切り中身を見ることで、かゆみや痛みの原因を取り除くことが出来るのです。

 

目元の手術はとても怖いものです。
できることなら控えたいですよね。

 

目の健康のためにも、アイメイクは目に入らないように気を付けてください。
そしてコンタクトレンズは清潔に、着用時間を守って使うようにしましょう。

 

視力は一度低下するとなかなか改善することが出来ず、目の病気も悪化すると治ることはありません。

 

とても大切な目を守るためにも、目に優しい生活を心がけるようにしましょう。

まぶた・目元ケアの最終兵器!