まぶたのたるみが悪化すると眼瞼下垂になる?

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

まぶたのたるみが悪化すると眼瞼下垂になる?

年齢と共にまぶたがたるんでくるのは、肌のたるみと同じでコラーゲンが不足するからです。

 

また、筋力が低下することで、まぶたを支える力が弱くなっているのです。

 

土台がしっかりしていると、いつまでもハリのあるすっきりとした目元を保つことができるのですが、実際は自然に任せていると誰でもたるみます。

 

ですから、予防とケアがとても大切なのです。

 

 

まぶたのたるみは、見た目だけではなく悪化すると生活に支障が出るほどになってしまいます。

 

この視野が狭くなる、疲れるといった症状が出るたるみを眼瞼下垂と言い、簡単に治すことができない病気です。

 

 

眼瞼下垂の原因は様々で、先天性のものから生活習慣や老化が原因のこともあり、スマホやパソコン、コンタクトを使うようになってから増えているとも言われています。

 

治療法は完治させるためには手術しかなく、悪化を防ぐために生活習慣を改善したり、マッサージや目の運動などを指導されることもあります。

 

眼瞼下垂は、見た目が悪く常に眠たそうな印象を与えてしまいます。

 

また、視野が狭くなることで目の疲れや肩こり、頭痛に悩まされる人も多いのです。

 

 

このような深刻な状態にならないためにも、若いころからの目元のケアと生活習慣の見直しが大切です。

 

 

眼瞼下垂の症状と治療法

 

目のたるみが気になりだしたら、その後に眼瞼下垂に進行しないように気を付けなくてはなりません。

 

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がり視野を狭くするもので、今までは老化による筋力の低下が主な原因とされてきましたが、最近は若い人も増えているそうです。

 

若い人が眼瞼下垂になる原因は、ハードコンタクトの長期装着やカラーコンタクト、パソコンやスマホなどの画面を観る時間が長くなっていることが挙げられます。

 

また、他人と関わることが少ない人は、表情を変えることが少なく目元の筋肉が衰えるそうです。

 

 

眼瞼下垂は、まぶたが重く感じ常に眼球にかぶさったような感じがあります。

 

見た目以上に本人はその状態が苦痛で、目をしっかり開けるためにはかなり力を入れなくてはなりません。

 

そうすると、当然おでこにシワができ不自然な表情になってしまうのです。

 

 

勉強や仕事、車の運転中もまぶたが邪魔で集中できず、常にイライラを感じる人も多いそうです。

 

 

この状態を完治させる治療法は手術しかありません。

 

最近は、多くの美容外科や眼科で手術が受けられるようになりましたが、筋肉まで縫い合わせる大掛かりな手術になることと、術後の腫れが続くこと、見た目の変化からためらう人が多いようです。

 

 

眼瞼下垂手術で目が開いたままになるって本当?

 

私の父は長年、眼瞼下垂で悩んでいました。

 

年々まぶたがの垂れさがりが悪化し、運転にも集中できなくなってきたので、家族が説得し手術を受ける決心をしたのです。

 

幸い近所に眼瞼下垂手術を受けられる眼科があったので、父と一緒に受診すると、そこの医師から驚くべき言葉が!

 

「手術をすると、目が半分開いたままになる可能性があります」

 

手術を受けることで今の苦痛からようやく解放されると信じていた父は、かなりショックを受けていました。

 

 

もちろん、すべての人がそのような状態になるわけではありませんが、年配の人が眼瞼下垂手術を受けることで目だけが違う人のようになったり、いかにも整形したような顔になるそうです。

 

また、医師が説明した通り完全には目が閉じなくなるケースも多く、父のようにドライアイの人にはすすめられない手術らしいのです。

 

手術を受けられなかった父ですが、数か月に一度ボトックス注射を受けて、以前よりは少しマシになっているようです。

 

ただ、目元の注射は恐ろしく痛いそうで、通院日が近づくと胃が痛くなると嘆いています。

 

 

このように、完全にたるんだまぶたを治すことはとても難しく、そうなる前にたるまない努力をすることが大切ですね。

 

私も、父に似た目元なので、将来眼瞼下垂にならないように、今から生活習慣の見直しとケアクリームを忘れずに使おうと思います。

まぶた・目元ケアの最終兵器!