一重と二重

ビーグレン・お得なトライアルはこちらから!

一重の方がまぶたがたるみやすい

一重まぶた

 

日本人は一重が多いといわれています。

 

生まれながらに一重瞼

 

男性ならまだしも、女性なら気になっている方も多いですよね。

 

二重の方が目がぱっちりして見える、可愛い、愛らしい、芸能人など可愛い人はみんな二重。

 

二重にはメリットがたくさん。

 

一重のデメリットはいろいろありますが、中でも気を付けたいのが「たるみ」です。

 

生まれつき一重まぶたの人は、どうしても、瞼の皮膚が目にかぶってしまっていますよね。

 

実は、二重よりも一重の方が、加齢によるまぶたのたるみが起こりやすいんです。

 

普段からまぶたがおおわれているからこそ、たるみがすぐにわかりやすいですし、ちょっとたるんだだけでもかなり老けた印象になってしまうでしょう。

 

重く目を覆う垂れた瞼は老けて見えるだけではなく、暗い印象をもたらしてしまうでしょう。

 

 

アイプチ・メザイクは垂れを悪化させる

 

一重を簡単に改善できるアイテムといえば、アイプチメザイクですよね。

 

どちらも整形手術よりも気軽な気持ちでできますし、一瞬で綺麗な二重瞼を作ることが出来るでしょう。

 

人によっては毎日アイプチをしていたら自然と二重になった!なんてこともあるみたいですね。

 

生まれつき一重だけど二重になりたいー!そんな人の救世主が、アイプチやメザイクなのです。

 

しかし、これらは危険なアイテムです。

 

なぜなら、瞼の皮膚を接着剤やテープなどで無理やり貼り付けて二重にしているから、まぶたに大きな負担がかかってしまいます。

 

いくら「目に優しい」と記載があっても、優しくしっかりとクレンジングをしても、日々使用を続けていると、どんどんまぶたの皮膚が引っ張られてしまいたるみの原因となってしまうでしょう。

 

若いのにまぶたが垂れてしまった、年齢を追うごとにまぶたの垂れがひどくなっている……これはもしかしたら、アイプチやメザイクのせいかもしれません。

 

最近は、生まれつき二重なのに、さらに二重の幅を広げたい、綺麗な形にしたいと思ってメザイクを使う人も多いみたいですね。

 

けれども目の形成をすればするほど、目への負担はどんどん増えてしまうのです。

 

 

一重の人こそまぶたのたるみケアを

 

メザイクやアイプチをするな!整形推奨!!

 

というわけではありませんが、やはり将来的なことを考えるとアイプリメザイクは控えた方が良いでしょう。

 

それでも使いたいという人は、日々のスキンケアにアイケアを加えてみてはいかがでしょうか。

 

アイクリームで目元のマッサージをするだけでも、たるみを改善し、目元の皮膚を柔らかくし、引っ張られてできたダメージを軽減できるはずです。

 

奥二重の人や軽い一重の人は、アイクリームで目元のマッサージをするだけで目元の脂肪が取れて二重瞼になるかもしれませんね。

 

しっかりとケアをすることで、将来的にまぶたが垂れるのを防ぐことが出来るのです!

 

一重まぶたのこ人こそ、普段からしっかりとアイケアを!

 

もちろん二重瞼の人も、日々アイケアをすることでいつまでも綺麗な二重を保つことが出来るでしょう。

まぶた・目元ケアの最終兵器!